メディア部門
部長挨拶

オウンドメディアを活かし
コアコンピタンスを最大限に発揮する

私たちのメディアマーケティングはローカルが抱えるビッグイシューに対して、様々なメソッドを活用したレスポンスの連続が一番のアセットになると考えています。

マイクロブログやソーシャルネットワークによりユーザー一人一人がコンテンツビルダーになった情報過多な現代社会の中で、より一層ファクトベースの重要性を求めるフェーズに入りました。しかし、ただ単にオーソライズされている事・オルタナティブを得る事だけにプライオリティを高くするのではなくロングテール的にブラッシュアップしながら、時にはコンペティターとのシナジーを考えコアコンピタンスの向上を目指す事が大切です。

ローカルの持つ暗黙知を形式知に転換してナレッジを共有化そしてアウトプットし、人々をワクワクさせるメディアをローンチさせる事と日常生活へのフィジビリティスタディを繰り返す事によって新しい発見が生まれると、ここにコミットします。